知ってるようで意外と知らない!?
  • 医局Voice
  • 消化器外科一
  • 消化器外科二
  • 眼科
  • 精神科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 耳鼻咽喉科
  • 麻酔科
  • 神経内科
  • 形成外科
  • 救急科
  • 化学療法部
  • 腎臓内科
  • 老年内科
  • 小児科
  • 総合診療科
  • 産科婦人科
  • 血液内科
  • 呼吸器内科
  • 中央感染制御部
  • 循環器内科
  • 消化器科
  • 整形外科
  • 糖尿病・内分泌内科
  • 脳神経外科

化学療法部

化学療法部 柴田 剛志 先生

成長を見守る温かい心と、子どもならではの 疾患に向き合う情熱を持とう。

小児の医療、予防医学、健康、福祉—— 私たちはあらゆる領域に携わり、子どもの成長を医療の力で支えています。小児科医はサブスペシャリティを持って診療に当たります。神経や新生児、血液、感染症、そして循環器など。また、成人の内科と同様に、内分泌や腎臓、消化管の専門家が小児科の中に存在します。
ジェネラルにかつ専門性をもって仕事をする—— こう表現すると大変そうだというイメージを抱く方もいると思いますが、これこそ、小児科の醍醐味の一つであり、また、子どもの成長をみられる喜びには変えられません。早産で生まれた子どもが元気に学校生活を送れるようになる。その過程にずっと寄り添っていけるのが小児科で診療を行う別の醍醐味だと思います。私たちの医局は現在、女性の先生も増えてきており、メンバーが多く、大家族のようです。医局運営は一つずつのテーマについてみんなで話し合って決める雰囲気があり、民主的ですね。また、私自身も国内外に留学をしていますが、自分の志望に合わせてキャリアを積むことができるのも魅力です。子どもたちを救うために、どんな専門性を持てばいいか。名大病院の小児科医局では、そのように主体的に考えて学びを深めたいと考える先生方の力になりたいと考えています。

プロフィール

1998年、名古屋大学卒。卒後は初期研修を含め、名古屋大学関連病院で臨床に従事。その後、国内留学で埼玉県立小児医療センター(こども病院)へ。新生児を対象とした臨床経験を積む。さらに、海外留学で米国へ渡り、新生児神経の臨床研究に取り組んだ。今後は臨床医としてのキャリアをさらに積みながら、教育を通して研究と臨床の面白さを若い世代と共有していく。

助教 新美薫先生インタビュー動画を見る

医師として、母として。子どもが健康な姿を取り戻すお手伝いがしたい。

循環器を専門とする深澤佳絵先生は、現在2児の母でもあります。子どもが大好きで、将来は循環器だけでなく、様々な分野での活躍を目指す先生から、子どもを相手に適切な診療を行うためのコツや、育児と仕事の両立を可能にする医局の雰囲気を聞きました。

プロフィール

2000年、名古屋大学卒業。岡崎市民病院で初期研修を終え、名大小児科に入局。2005年から名古屋第一赤十字病院で5年間の小児循環器の研修を行い、2011年に名大病院に常勤医師として勤務。現在は第2子の出産後の短時間勤務を経て、常勤として復職している。

森山佳則先生インタビュー動画を見る

漢方で救える命を増やす。新しい
治療法で子供の成長を見守りたい。

血液腫瘍疾患への漢方診療の研究を行っている川島希先生。西洋医学に漢方を取り入れた背景には、子どもを診る小児科診療ならではのある問題がありました。新規治療法の研究に邁進する先生が思う、小児科の魅力、そして今後の目標とは——。

プロフィール

2007年、名古屋大学卒業。名古屋第一赤十字病院で初期研修と小児科後期研修プログラムを修了。その後名古屋大学医学部附属病院小児科、名古屋第一赤十字病院小児科医療センターを経て、現在医員と並行して大学院生として診療と研究を行っている。

診療科HPへお問い合わせ