知ってるようで意外と知らない!?
  • 医局Voice
  • 消化器外科一
  • 消化器外科二
  • 眼科
  • 精神科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 耳鼻咽喉科
  • 麻酔科
  • 神経内科
  • 形成外科
  • 救急科
  • 化学療法部
  • 腎臓内科
  • 老年内科
  • 小児科
  • 総合診療科
  • 産科婦人科
  • 血液内科
  • 呼吸器内科
  • 中央感染制御部
  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 整形外科
  • 糖尿病・内分泌内科
  • 脳神経外科
  • 小児外科
  • 放射線科
  • 呼吸器外科
  • 病理部
  • 心臓外科

整形外科

北村 暁子 先生

対象は、小児から高齢者まで幅広く
術後ケアまで見据える外科医へ。

首から下の骨格をつくっているものすべてが私たちの治療対象です。同時に、小児整形から高齢者の介護予防まで、様々な年代の方に関わることができるのが名大病院整形外科の特徴です。分野が多岐にわたるだけに、進路の選択肢が多く「これをやりたい!」という希望が通りやすい。また、一般の診療ではほとんど見ないような疾患も、名大病院の医局ならエビデンスが豊富にあるため、市中病院で治療をしていてわからないことが出てきた場合も、質問にすぐ答えてもらえます。大学院でも「研究のための研究」ではなく、必ず臨床につながる内容が経験できます。私たちのビジョンの中には、常に患者様の姿がある。だからこそ時には理学療法士や健康指導員と連携して体力指導や栄養指導に当たります。コミュニケーションを大切にしている雰囲気で、女医のネットワークもあるほど。どんな方向にも成長していける、キャリアパスが多彩な整形外科で一緒に学んでいきましょう。

プロフィール

2006年、弘前大学卒。安城更生病院で初期研修後、整形外科へ入局し、関連病院で勤務。大学院在学中に出産し、半年間の休学を経て復帰。子育てと両立しながら忙しく勤務する毎日。モットーは、「手術して治すだけでなく、患者様が気持ちよく暮らせるお手伝いをする」。小児整形班で研究と臨床に取り組んでいる。

鈴木 望人 先生インタビュー動画を見る

頭の先から足の先まで。
そのすべて診る、難しさと面白さ。

整形外科が関わるのは、頭から足まですべて。だからこそ診療・研究分野が多様であり、名古屋大学には実に多くの専門的な先生が在籍している。そこから多くのことを学んでいる鈴木先生が目指しているのは、病気の原因解明。困る前に助ける。予防医療の最先端にいる先生の思いとは――。

プロフィール

名古屋医療センターで初期研修を終え、同病院整形外科へ。外傷治療・人工関節およびリウマチ治療を中心として同病院の環境に魅力を感じ入局。さらに名古屋大学関連病院ということもあり、名古屋大学整形外科に入局。臨床外科医として多くの症例の手術をする一方、リウマチや骨粗鬆症といった薬物治療にも興味がある。現在は関節治療に携われるリウマチグループに所属し、大学院生として基礎研究に行っている。

診療科HPへお問い合わせ