知ってるようで意外と知らない!?
  • 医局Voice
  • 消化器外科一
  • 消化器外科二
  • 眼科
  • 精神科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 耳鼻咽喉科
  • 麻酔科
  • 神経内科
  • 形成外科
  • 救急科
  • 化学療法部
  • 腎臓内科
  • 老年内科
  • 小児科
  • 総合診療科
  • 産科婦人科
  • 血液内科
  • 呼吸器内科
  • 中央感染制御部
  • 循環器内科
  • 消化器科
  • 整形外科
  • 糖尿病・内分泌内科
  • 脳神経外科

眼科

病院助教 野々部典枝先生

難しい症例の治療方法を確立して、
視力が回復する喜びを共有しよう。

大学病院でしか救うことのできない人がいます。研究のエビデンスをもとにした高度な治療技術や、重症度の高い疾患を診るための最先端医療機器は大学にしかないからです。若いみなさんには、こうした魅力を理解したうえで、キャリアを選択してほしいと思います。実際、「難しい症例ばかりで、若いうちに経験できる手術数が少ない」ということはありません。手術では担当医として関わり、手術の手順や対応を、上級医のもとで実際に手を動かしながら学んでいきます。名大病院眼科における手術の内訳は網膜硝子体疾患が中心ですが、角膜、緑内障、小児眼科、神経眼科疾患などがあり、年間手術数は1500件にのぼります。
さらに、研究実績が豊富な大学病院だからこそ、まだ誰も取り組んでいないテーマを掘り下げ、オンリーワンのキャリアパスをつくることもできます。私たちの医局には大学院生が多く在籍し、多様なテーマを持って研究に励んでいます。将来のことについても気軽に話し合いができ、居心地がいいです。大学病院での眼科医療、一度考えてみてはいかがですか。

プロフィール

2004年、岐阜大学卒。一宮市民病院で研修中、重症度の高い未熟児網膜症患者を名古屋大学に紹介した経験から、未熟児網膜症を予防できる眼科医になりたいと名古屋大学眼科に入局する。その後、名古屋大学大学院医学系研究科にて未熟児網膜症の臨床研究を行い、学位を取得。結婚と二度の出産を経験し、現在は名大病院眼科にフルタイムで勤務している。

川野健一先生インタビュー動画を見る

普通の医師になりたくない。その一心で、初年度から国内外を飛び回る。

入局と同時に大学院生として研究をスタート。国内外での発表機会が多く、臨床・研究どちらの経験も若手ながら豊富な先生。若手に任せる医局の良さを存分に活かして他大学の医師とも交流を重ねる、全国的な知名度が高まり続ける川野先生の日常に迫る−−。

プロフィール

2009年、名古屋大学卒。眼科入局とともに大学院に入学。積極的に初年度から研究に取り組み、学会発表やシンポジウムの参加で国内外を飛び回る。(2015年5月異動)

中西先生インタビュー動画を見る

人が、より自分らしく生きるために、
外科的、内科的にもアプローチする。

目を診療する科だが、外科的にも内科的にもアプローチでき、関連疾患が全身に及ぶことに魅力を感じた中西先生。女性医師のキャリアパスも多彩で、バリバリ働く先輩も、時間を区切って働く先輩もいる眼科だからこそ、一生の仕事にできると思い、この道を選んだ。

プロフィール

2010年、名古屋大学卒。精力的に臨床や研究に取り組む先輩たちに憧れて大学院生に。教授をはじめとした、子どもがいてもバリバリ働く女性医師に、自らの未来を重ね合わせる。(2016年4月異動)

診療科HPへお問い合わせ