知ってるようで意外と知らない!?
  • 医局Voice
  • 消化器外科一
  • 消化器外科二
  • 眼科
  • 精神科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 耳鼻咽喉科
  • 麻酔科
  • 神経内科
  • 形成外科
  • 救急科
  • 化学療法部
  • 腎臓内科
  • 老年内科
  • 小児科
  • 総合診療科
  • 産科婦人科
  • 血液内科
  • 呼吸器内科
  • 中央感染制御部
  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 整形外科
  • 糖尿病・内分泌内科
  • 脳神経外科
  • 小児外科
  • 放射線科
  • 呼吸器外科
  • 病理部
  • 心臓外科

消化器外科一

講師 加藤 真史 先生

ロボット手術も、薬剤治療も!
キミの興味関心を尊重します。

日本人男性の死因、第6位が前立腺がんです。近年増加傾向にあり、天皇陛下が手術ロボット「ダ・ヴィンチ」による前立腺全摘出手術を受けられたことは記憶に新しいと思います。開腹手術でなく、ロボット手術を選択する。そこにはれっきとした理由があります。出血が少ない、合併症が少ない、そして機能保存ができる。患者さんの負担を減らせる3大メリットがあるのです。名大病院泌尿器科では、後藤百万教授が日本泌尿器内視鏡学会ロボット部会のトップであることから、ロボット手術の機会が豊富です。研修医の方々にも、この手術に触れるチャンスがあります!医局の方針は、「個々のいいところを伸ばす」。自由闊達な雰囲気ですね。だから、ロボット手術の他にも、抗がん剤や薬剤治療といった内科的な分野や、高齢者排泄ケア、女性の泌尿器疾患など自分の興味に応じて専門性を高めることができます。医局内には様々な専門性を持った先輩たちがいるため、幅広い分野を横断的に学ぶことができるのも魅力。若手のみなさんは、研究、手術、診療をトータルで経験し、一番自分に合った道を見つけてください。

プロフィール

1996年、神戸大学卒。初期研修を岡崎市民病院で終えた後、名古屋大学大学院医学系研究科入学。腎臓の移植に関連する研究を行う。その後、UCSF(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)留学、社会保険中京病院赴任を経験し、再び名大病院へ。
現在は医局長として人事や医局のシステムづくりに尽力する。専門は腎移植、前立腺癌。(2016年3月まで医局長)

舟橋 康人 先生インタビュー動画を見る

分野が多岐に渡る泌尿器科。その未来は、若い医師の手にかかっている。

手術は大掛かりなものから、小さなものまで。さらに腹腔鏡手術やロボット手術など、様々な手法を取り入れている泌尿器科。ここで、臨床・研究・学会発表などをパワフルにこなす舟橋康人先生が、若い医師が活躍できるフィールドについて語る。

プロフィール

アメリカ留学を経験し、国内外での学会において多くの発表経験を持つ。臨床でも研究でも新しい分野に注目し、アグレッシブに活躍中。

髙井 峻 先生インタビュー動画を見る

手術が好きな人と一緒に成長したい。
技量を高めたいなら海外も目を向けて。

海外の学会で研究発表した経験を持つ髙井 峻先生。そこで何が得られたのか、日本にいて学ぶこととどう違うのか、楽しかったエピソードとともに語る。さらに、手術が好きな医師の一人として、スキルアップのためのアドバイスも。

プロフィール

症例数が非常に多く、稀な疾患を経験できる大学病院での生活に魅力を感じ、名大へ。腹腔鏡手術やロボット手術、海外学会での発表機会も多い。

診療科HPへお問い合わせ