知ってるようで意外と知らない!?
  • 医局Voice
  • 消化器外科一
  • 消化器外科二
  • 眼科
  • 精神科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 耳鼻咽喉科
  • 麻酔科
  • 神経内科
  • 形成外科
  • 救急科
  • 化学療法部
  • 腎臓内科
  • 老年内科
  • 小児科
  • 総合診療科
  • 産科婦人科
  • 血液内科
  • 呼吸器内科
  • 中央感染制御部
  • 循環器内科
  • 消化器科
  • 整形外科
  • 糖尿病・内分泌内科
  • 脳神経外科

産科婦人科

産科婦人科 准教授 柴田 清住 先生

医学の進歩に貢献できる人材を育成し、
活躍の場を世界に広げる。

産科婦人科は、生命の誕生から女性の一生まで関わる診療科であり、研究領域が広く、解明されていない病気がたくさんあります。そのため、産婦人科医には臨床や研究に対する熱意だけでなく、新しい知識を常に吸収しようとする積極性が求められます。
私たちの医局では、専門分野である周産期、腫瘍、生殖医療、女性医学のすべてを修練し、習得することができます。40以上の関連病院には、専門的な治療を行う大病院だけでなく地域医療に従事する中規模病院もありますので、これから入る医師の皆さんのニーズに合わせた選択ができます。将来、産科婦人科医として活躍するためにも、まずは幅広く知識を習得し基礎を固め、そこから専門性を高めていってほしいと考えています。また、もう一つの魅力として、診断から治療まで一貫して自分で行える点が挙げられます。臨床で疑問に思ったことを研究対象にして、その研究で得られた成果を臨床にフィードバックする方針で指導していますので、臨床と研究の両方で貢献できます。
今後は私を含めた医局員が国内外で活躍する医局を目指し、研究成果を新しい治療法として臨床応用させ、医学の進歩に貢献していきたいと思います。

プロフィール

1991年、岐阜大学卒。厚生連加茂病院で初期研修後、名古屋大学産婦人科に入局。4年目に大学院に入学し、大学院修了後は3年間常滑市民病院で地域医療に従事。その後名古屋大学産科婦人科に入局し、現在は准教授として臨床と研究を行っている。

助教 新美薫先生インタビュー動画を見る

育児と仕事は両立できる。
活躍する姿で伝えていきたい。

現在3児の母である新美薫先生。多くの女性医師が活躍する産科婦人科において、子育てしながら働く先輩女性医師を手本に、現在フルタイムで臨床と研究に励んでいます。仕事と子育ての両立を可能にした医局の雰囲気、名大病院の強み、そして現在取り組んでいる名大伝統の研究とは——。

プロフィール

2004年、名古屋大学卒業。名古屋第二赤十字病院で初期研修後、産婦人科専攻医として勤務。医師6年目で大学院に入学し、学位取得。その後病院助教を経て、現在は産科婦人科助教。

森山佳則先生インタビュー動画を見る

2つの命を扱う幅広い分野。
どんな人にでも活躍の場はきっとある。

現在医師と併行して大学院に通い、臨床と研究の両立に励んでいる森山佳則先生。母子の命を守るため、ハイリスクな出産にも対処できる産婦人科医を目指しています。社会人を経て産科婦人科医を志したきっかけ、そして向いている人とは。

プロフィール

社会人を経て2011年、名古屋大学卒業。名大病院で初期研修中に入局。卒後4年目で大学院に入学、現在医師と併行して研究に励んでいる。

診療科HPへお問い合わせ