研究が好き!LOVE LAB 基礎医学研究者育成プロジェクト 名古屋大学医学部学生研究会

results
一覧へ戻る

results

2014.03.31
論文

5年柴田哲秀さんの講習会参加報告

Kyoto Course on Bioinformatics 2014 終了報告

医学科5年 柴田哲秀

NGS(Next generation sequencing)が開発に伴い、遺伝子解析に大きな変化がもたらされ数年が経過しました。私は、現在多くの研究者の信頼を集める標準的なツールや、解析の流れに関する理解を深めるため、Kyoto Course on Bioinformatics 2014 に参加させて頂きました。

 


日程


3/10

9:00 - 9:30 Opening remarks & course overviews

9:30 - 10:45 Lecture 1

10:45 - 11:15 Break

11:15 - 12:00 Lecture 2

12:00 - 13:00 Lunch

13:00 - 13:30 Practical: Basic Linux (optional)

13:30-14:30 Lecture 4

14:30 - 15:00 Break

15:00 - 17:30 Lecture 5


3/11

8:15 - 9:00 Discussions with instructors Staff

9:00 - 10:00 Lecture 6

10:00 - 11:00 Lecture 7

11:00 - 11:15 Break

11:15 - 13:00 Lecture 8

13:00 - 14:00 Lunch

14:00 - 15:00 Lecture 9

15:00-16:00 Lecture 10

16:00 - 16:30 Break

16:30-18:00 Lecture 11


3/12

8:00 - 8:30 Discussions with instructors

8:30 - 9:30 Lecture 12

9:30 - 10:30 Lecture 13

10:30 - 10:45 Break

10:45-12:00 Lecture 14

12:00 - 13:00 Lunch

13:00-13:45 Lecture 15

13:45-14:30 Lecture 16

14:30-15:30 Lecture 17

15:30 - 16:00 Break

16:00-17:00 Lecture 18

17:00-17:45 Lecture 19


3/13.14

Many presentations about NGS


 

写真:3/10-12の会場


感想

今回の公演は全て英語で大変苦労しましたが、日程が進むごとに慣れ、最終的には資料なしでもだいぶ理解することができました。通常の学会とは異なり、最近の遺伝研究においてメジャーに使われているツールの紹介、具体的な使い方の案内が多くなされ、大変実用的な実りある会だったように思います。今回私の学会参加に協力して下さった学生研究会の方々、神経遺伝情報学の方々にはこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。


写真:3/13-14の会場



京都勉強会終了報告.pdf