名古屋大学医学部附属病院 卒後臨床研修・キャリア形成支援センター お問い合わせ
トップページ >

卒後臨床研修・キャリア形成支援センターとは

研修先選びが、不安なキミへ。研修内容はもちろん、生活面や生涯のキャリア形成も、サポートします。

センターの業務

医師初期研修だけでなく、後期研修、その後の生涯教育まで支援するのが、卒後臨床研修・キャリア形成支援センターの役割。
専任医師及び専任スタッフが、学部の卒業から医師としての一生をトータルでサポートしています。

センターの特徴

@医師が専任で勤務。医師の悩みを知り尽した医師によるキャリアサポートが可能。

A初期研修中は「センター所属」とし、医局に所属しない、という選択肢がある。

B研修修了後も、継続してキャリアや生活面の相談が可能。

どんなことでも相談してください。恋人選びも相談にのりますよ(笑)

名大病院には、長年非入局スーパーローテート研修を行ってきた実績があります。ですから、研修管理のノウハウが豊富です。また、研修目標は、どの医局の意向にも左右されません。研修医のみなさんには「どんな患者さんに対しても一定水準の診療が行える能力(基本的臨床能力)の習得」を目指して2年間の研修に取り組んでいただきます。さらに当院では、初期研修後の専門医育成も支援するために、クリニカルシミュレーションセンター(NU-CSC)などの教育諸設備については機能充実を図り、研修サポート体制を拡充しています。2年間の初期研修のみならず、新たな専門医制度における後期研修や専門研修においても、病院として責任を持った体制が確立しています。今後は各職種の復職支援なども視野に入れて、すべての職種の卒前卒後、生涯にわたる臨床教育の推進を図っていきたいと考えています。

名古屋大学医学部附属病院 卒後臨床研修・キャリア形成支援センター
センター長 清井 仁
名古屋大学医学部附属病院 卒後臨床研修・キャリア形成支援センター センター長 植村和正
名大病院は人材の宝庫 いつでも安心、相談に乗ります!

現在の新臨床研修制度は、もともと名大と関連病院のかつてのシステムを手本にしています。このシステムでは、名大病院そのものは、研修医の皆さんが気安く頼りにしやすい「兄貴分、姉貴分」となる卒後2、3、4年目くらいの医師が手薄という問題があり、「面倒見が悪い」というような評判につながってしまっていたかもしれませんが、現在はすっかり変わっています。「教育専任教員」という若手の教員が、研修医の皆さんの兄貴、姉貴的存在として、親身に対応してくれています。もちろん、ほかの多くの先生も親切に対応してくれるはずです。名大病院は中堅以上の医師の層は厚く、教科書を書いている先生、各疾患のガイドラインを編集している先生、のような各分野の専門家が多く、こうした先生方に直接きいたり、指導を受けたりできるという魅力があります。さらに施設面でも、シミュレーションセンターのような教育のための施設があり、いろいろなトレーニング機器も充実しており、手技を学ぶ、あるいは自習できる機会にも恵まれています。また、以前からの強みである関連市中病院での研修を組み込んだハイブリッド研修もあり、みなさんの希望に応じたいろいろな対応が可能です。

名古屋大学医学部附属病院 卒後臨床研修・キャリア形成支援センター
卒後研修部会長 藤原 道隆
名古屋大学医学部附属病院 卒後臨床研修・キャリア形成支援センター 卒後研修部会副部会長 平川仁尚
名大病院は人材の宝庫 いつでも安心、相談に乗ります!

名大病院は人材の宝庫 いつでも安心、相談に乗ります!

みなさんは将来どのような医師になりたいですか?
初期研修の2年間は、医師としての基礎をつくるとても大切な時期です。名大病院の研修では、研修医のみなさんが基本的臨床能力や医師としての考え方を身につけ、深い問題意識や高度な解決能力を備えた医師に成長できるよう、病院をあげて取り組んでいます。 また、名大病院は各診療科に、指導医、専門医が多数在籍しています。このため、臨床研修修了後、どの診療分野にすすんでも、初期研修から3−5年目の専攻医研修へつながりのあるキャリア形成が可能です。しかし、時には長い医師人生の中で、キャリアに悩んだり、ライフイベントのために困ったりはよくあること・・。でも、そんな時も安心。私たちが、みなさんのキャリア・パスの実現に向けて、柔軟にきめ細かなサポートをしていきます。

名古屋大学医学部附属病院 卒後臨床研修・キャリア形成支援センター
副センター長 森瀬 昌宏
名古屋大学医学部附属病院 卒後臨床研修・キャリア形成支援センター 卒後研修部会副部会長 平川仁尚

センターの業務

 研修医の研修計画の作成と管理

各研修医にはセンター教員等が研修責任者(コーデイネーター)として選任されます。コーデイネーターは2年間を通して担当研修医の研修全体に責任を負います。研修医はコーデイネーターに相談しながら研修計画を作成します。作成された計画はセンターによって管理運営されます。その他、コーデイネーターは研修医の公私にわたる相談にのります。

研修評価の集計とフィードバック

ターム(4週間)ごとになされた指導医、看護師長による研修医に対する評価はセンターによって回収、集計されます。研修医に対してはコーデイネーターにより適宜フィードバックがなされます。一方、診療科に対する研修医からの評価もタームごとに回収、集計されます。これはセンター会議(下記)を通して診療科にフィードバックされます。

 センター会議

毎月定期的に開催されるセンター会議では、初期研修に係るあらゆることが審理されます。

職員

センター長
清井 仁(副病院長・教授)
卒後研修部会長
藤原 道隆(クリニカルシミュレーションセンター病院准教授)
副センター長
森瀬 昌宏(クリニカルシミュレーションセンター病院助教)
教育専任教員
伊奈 孝一郎(老年内科)、牛島 洋子(血液内科)、佐橋 健太郎(神経内科)、村松 友佳子(小児科/総合周産期母子医療センター)、鳥居 洋太(精神科)、近藤 猛(総合診療科)、見 秀樹(消化器外科二)、増田 智広(腎臓内科)、芳川 修久(産科婦人科)、尾上 剛史(糖尿病・内分泌内科)、藤川 裕介(循環器内科) (平成30年4月現在)
センター事務
4名 (非常勤職員)
関連事務部門
総務課臨床研修係

※教育専任教員の配置
名大病院では、卒後臨床研修・キャリア形成支援センター所属の教育専任教員を主な診療科に配置して、屋根瓦方式の研修医指導体制を充実させています。
教育専任教員は、研修医の指導や各診療科の研修コーディネートだけでなく、診療科の枠を超えた横のつながりを生かして、研修医のニーズに応じたセミナーや勉強会などを企画・実施しています。全員が指導医資格を有し、研修医の良き相談相手にもなっています。

何科に進むか迷ってます。

Answer

いろんな診療科を経験できるスーパーローテート方式が名大病院の研修スタイル。とくに2年次は選択の自由度が高く、幅広い分野にまたがる多くの臨床経験から専門分野を選ぶことができます。

高度な技術は身につくの?

Answer

地域の拠点病院として、多くの先端医療を実践。基礎を身につけた後には、高度な技術を身につける機会が待っています。また研究環境も整備されていて、高い専門性を持った医師の指導を受けながら医療革新に貢献することもできます。
 

大学病院って、一般症例が少ないのでは?

Answer

名大病院は違います。拠点病院だから重い症例に関われることはもちろん、救急外来を担当できるため一般症例にふれる機会が多く、専門医取得にも有利。入院患者の受け持ち数が多すぎないので、一つひとつの症例にじっくり取り組むこともできます。
 

先輩医師のサポートばかり?

Answer

キミはもう医師。名大病院には専門分野としての「総合内科研修」があります。極めて専門性の高い総合診療科や老年内科に所属して、主治医の感覚を持って働いてください。医師として絶対に必要な”診る”力が養えます。雑用ばかり、なんてイメージは捨てて!

どんな就職先がありますか?

Answer

主に東海エリアで、様々な専門領域を持つ病院、地域医療やへき地医療を提供する病院などとネットワークを結んでいます。キミの希望を叶えるための支援は惜しみません。夢を実現させましょう。

名古屋にゆかりがありません。

Answer

遠慮なくメールや電話をしてほしい。何だって聞くし、何だって答えます。研修前から、住まいの相談や生活面の支援もしています。名大病院の研修は、大学病院としては稀な少人数制だから、キミたち一人ひとりに目が届きます。サボってもわかるし、落ち込んでいてもわかります。

生涯のサポートもあるんですか?

Answer

就職はもちろん、大学進学や後期研修など、一人ひとりのキャリア形成をきめ細かくサポートしています。他大学や他診療科医師の意見が聞きたい、共同研究がしたいなど、個々のニーズに応じた人脈づくりも支援しています。しっかり考えてからにすればいい、と思うから、2年間は医局に入らず、研修に集中してください。

指導医によって言うことが違うと困るなぁ…

Answer

人によって考え方や知識は違うもの。名大病院では、関連病院で豊富な症例経験を積んだ医師が指導医になります。各診療科をローテートするので数多くの医師から指導を受けられます。だから良いとこ取りをすればいい。経験だけでなく世界標準の根拠がある知識や技術を伝えています。